前へ
次へ

ミカンをもむと甘くなるには理由がある

ミカンの旬といえば冬でしょう。
正月などにこたつに入りながら山積みにしたミカンを食べるのが毎年の光景になっている家庭もあるかもしれません。
旬の時期のミカンは結構甘いので特に問題はありません。
価格が高めのものを選んでも甘いので問題なしです。
しかし少し旬から外れたものや安物だとそうはいきません。
酸味が強いミカンを食べると口の中に酸味が広がり、外れミカンを引いてしまったことを実感してしまいます。
こんな酸っぱいミカンを甘くする方法があります。
それはもむだけです。
子供がいるなら子供とミカンのキャッチボールをするのもいいかもしれません。
しばらくもむと本当に甘くなっています。
ミカンの成分には甘味の成分と酸味の成分があります。
酸味の成分はクエン酸によって出されます。
もむなど外部からの刺激を与えるとクエン酸が分解され、酸味がどんどん取れてきます。
また甘味成分も増えるので甘く感じるようになります。
甘いミカンで行えばさらに甘くなるでしょう。

Page Top