前へ
次へ

医者が勧める、うつ病に効果的な食の内容とは

うつ病とは、心の病と同時に、心が体に影響を与え体にも病を患わさせてしまう場合もあるのです。
医者の取組みとしては、体を健康体に戻し、体から心に良い影響を与え、心を回復させていく方法なども行われています。
その様な中で、医者が勧める食事内容もあるのです。
うつ病を患ってる人の多くは、食欲不振の中、摂取しなければならない栄養が足りない場合もあるでしょう。
体の回復には、血液中を回る赤血球が欠かせません。
医者は、赤血球を作るために欠かせない、葉酸とトリプトファン、鉄分を含む食を推奨されています。
葉酸は、ほうれん草などに多く含まれている栄養素です。
トリプトファンは、体内で合成できない必須アミノ酸であり、豆腐などの豆類、牛乳などの乳製品に多く含まれています。
鉄分は、ひじきなどに多く含まれてるのは有名な話ではないでしょうか。
赤血球を作るためには、赤血球が必要だと体が判断してくれなければなりません。
そのため、軽い運動も推奨されている場合もあるのです。
運動の効果には、環境に適するために、より多くの酸素が必要だと判断しやすく、赤血球をより多く作ろうとする働きがあります。

Page Top